効率を上げる!加圧トレーニングのメカニズムとは?

加圧トレーニングって一体なに?

加圧トレーニングとは、腕と脚の付け根に専用のベルトを着けて行うトレーニングのことです。ベルトは筋肉に圧力をかけるためのもので、血流を制限します。すると筋肉を素早く低酸素状態に持っていくことが可能になるんです。筋肉が低酸素状態になると、多くの筋繊維を刺激することが可能になり、短時間で効率のいいトレーニングを行うことが可能になるのです。当然圧力はその人に合ったレベルでかける必要があるので、個人では行わず、インストラクターの指導の下行うことが大切です。

ダイエットに効果アリ!

加圧トレーニングにはいろいろなメリットがありますが、そのうちの1つがダイエット効果です。より高い効果を目指すには、加圧トレーニング後に有酸素運動を行うのが効果的だと言われています。まず加圧トレーニングを行うと、体の中で大量の成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは体脂肪を分解し、分解された体脂肪は燃えやすい状態で血液中に送り出されることになります。この状態で有酸素運動を行うと、効果的に脂肪を燃やすことができるのです。

体力の少ない人でも行える

加圧トレーニングは、敢えて負荷を増やして大変な思いをしなければいけないというイメージがありますが、実際はそうではありません。適切に行うことで、低負荷、短時間、低回数で筋トレの効果を上げることができます。効率よく結果が出せるようになれば、トレーニングに対するモチベーションも上がりますよね。また低負荷、短時間と言う特性は、女性や高齢者、あるいは筋力や体力が足りず通常のトレーニングをこなすのが難しい人にも、筋力アップを目指せるようにしてくれるのです。

加圧トレーニングなら横浜のスポーツジムで契約をすることで、コストパフォーマンスの良いプランを選ぶことができます。