できるとやっかいな妊娠線はクリームで予防

赤ちゃんは嬉しいけど・・・

妊娠すると、お腹に赤ちゃんが来てくれたという喜びでいっぱいになりますが、同時に出産に備えての不安や心配事も出てきますよね。出産に向けて妊婦さんに生じる体の変化の一つに、お腹や太ももなどの皮膚にできる妊娠線があります。妊娠線自体は病気ではなく、赤ちゃんや分娩に悪影響をもたらすものでは無いのですが、皮膚にひび割れのような線が複数できることから気になる妊婦さんは多いようです。妊娠線をなるだけ作らず出産するために、何かできることはあるのでしょうか。

妊娠線はなぜできるのか?

妊娠線は、お腹の中の赤ちゃんの成長に伴って大きくなる母体の皮膚の伸びが十分ではないために真皮が避けてしまうことが原因でできます。程度の違いはありますが、約7割の妊婦さんにできると言われています。やっかいなのは、できてしまった妊娠線は目立たなくなることがあっても元通りに消えることがないということです。できてしまうと完治が困難な妊娠線ですが、最近では研究も進み、クリームを使ったマッサージをすることで予防の効果があることがわかってきました。

妊娠線の対策としてできること

妊娠線のできやすい妊婦さんの肌のタイプは乾燥肌の人が多いようです。潤いがあって柔軟な肌質の人にはできづらいことから、クリームで皮膚を保湿し柔らかくほぐすことで効果が見込めます。クリームは真皮や皮下組織に浸透しやすい妊娠線予防専用のものを使うのがおすすめです。お腹が膨らみ始める前、つまり妊娠初期の段階から毎日欠かさず丁寧にマッサージすることで妊娠線を発生させない、あるいは最小限に抑えることができるのです。

妊娠後に気になるのがお腹にできる妊娠線です。これは、急激にお腹が大きくなることで皮膚が引っ張られることが原因なので予防には保湿が重要となり妊娠線のクリームを塗ることが効果的です。